MENU
[イメージ]

お知らせ

岩倉総合高校の「総合的な学習の時間における現場実習」

5月1日、8日、15日の3日間、岩倉総合高校の授業の一つである、
「総合的な学習の時間における現場実習」の受入れを行いました。

【プログラム】
初日:施設見学、福祉施設とは?(講義)、おもてなしの心(講義)、高齢者との接し方(講義)
2日目:高齢者疑似(体験)、車いすの操作(体験)、介護ベッドの操作(体験)
3日目:福祉施設で働く専門職とは?(講義)、ご利用者様とコミュニケーション(体験)

以上のプログラムを体験して頂きました。
「福祉とは何か?」、「高齢者を思いやる心」、「おもてなしの心」、
「社会的弱者とは?」、「社会全体で支える制度」、「私たちに出来ること」、
 普段の学校生活では感じにくいこと、様々なことを学生は感じ学んでくれました。

コミュニケーション体験では、ご利用者様と楽しく談笑出来ました。
孫やひ孫世代である学生とお話しされるご利用者様は、
とてもやさしい笑顔を見せてくれます。学生の皆もとても素敵な笑顔でした。

今回の体験を通じて、学生の中に芽生えた福祉の心が、誰かの手助けになることを願っています。

 

 

 

 

 

お知らせ

先頭に戻る