MENU
[イメージ]

お知らせ

おはぎとぼたもち

毎年お彼岸の時期になると、厨房内でおはぎを作り、おやつの時間にご利用者様に提供しています。

提供当日は「おはぎ、楽しみにしているよ~。」とご利用者様が声をかけてくださるので、調理員さんもニコニコしながら小豆を炊いていて、いつもはあわただしい厨房内が、ちょっぴり和やかになります。

私は、おはぎとぼたもちの違いは「おはぎ」は「萩の餅」、「ぼたもち」は「牡丹餅」と、食べる季節の違いが名前の違いだと思っていたのですが、他にも

・ 作り方は同じ物で、大きさが違うとする説。

→春は牡丹をイメージして大きく、秋は萩をイメージして小さくする。

・ 作り方が違うとする説。

→春は牡丹のイメージからお餅をつきあげてなめらかにし、こしあんで包む。秋は萩をイメージして半つきのつぶつぶのお餅をつぶあんで包む。

など色々な説がありました。

(ちなみに大口一期一会荘では、春も秋も半つきのお餅につぶあんです)

おはぎとぼたもちの違いがどうであれ、本日のおはぎの日も大好評。皆さん、あっという間に召し上がってみえました(*´∀`*)

 

 

お知らせ

先頭に戻る