先輩メッセージ

vol.02
感謝が大きな励みです。

[写真]

岩倉一期一会荘 花むすび 主任介護職員

さん

大卒
H25年4月新卒採用

成長のチャンスがあり、
やりがいが湧いてきます

岩倉一期一会荘で副主任介護職員を入社3年目で経験させてもらい、4年目を迎えるところで、荘長や生活相談員から“花むすびで主任をやってみないか?”と話しをいただき、自分にできるか不安はありましたが、せっかくのチャンスなので挑戦しました。この花むすびは2016年4年に開設したばかりです。自分が経験してきた従来型の特別養護老人ホームとは異なり、ユニット型であることが最大の特長です。ユニット型はご利用者様とより深く関われることがやりがいです。介護の仕事の魅力はありきたりかもしれませんが、やっぱりご利用者様との関わりの中でいただく“ありがとう”という言葉です。今はリーダーとして取り組んだことの成功や、ユニットで働くみんなからの感謝が大きな励みになっています。

インタビュー

福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。

僕は福祉系の大学に進学して、介護についての勉強や実習を行い、学んでいくごとに介護の魅力にたくさん気づき、介護の仕事に就きたいと考えるようになりました。特に、大学時代はさまざまな施設の実習に行きましたが、この岩倉一期一会荘に来て、施設の雰囲気や職員とご利用者様の関わりがとても素敵だと感じ、介護の魅力を強く感じるようになりました。

なぜ一期一会福祉会を選びましたか。

仕事を志したきっかけでもお話しましたが、実習の体験が一番大きな決め手です。職員の皆さんの雰囲気の良さも感じましたが、社会福祉士に向けての実習でもあったので、生活相談員の皆さんの雰囲気も見ることができ、とても良いなと感じましたので、一期一会福祉会で働くことを決めました。

特別養護老人ホームの『従来型』と『ユニット型』の違いはどういったところですか。

僕が一番の違いを感じるのは時間の流れです。
一日の流れは同じですが、担当させていただく方が10人なので、従来型の施設の50人とは大きく差があります。少人数なのでそれだけ多くご利用者様との時間が取れるのはすごく良いと感じています。時間があるからこそ、ご利用者様がどのように施設で充実して過ごしていただけるかをスタッフみんなと相談しながら、レクリエーションの内容などを決めています。

写真

[写真]

これからのビジョンを教えてください。

一期一会福祉会はユニット型を経験した職員が少ないので、どうしても従来の特別養護老人ホームのスタイルになるところがあります。そこをなるべくユニットを活かした介助やケアをしていけたらと考えています。ユニット型の特徴を活かした理想の介護に近づけることが私の目標です。

後輩へのメッセージをお願いします。

介護の仕事に対するイメージは様々で、時には厳しい評価をいただくこともあります。でも、自分が4年も続けられているのは、介護という仕事を通してさまざまな魅力を日々感じているからです。皆さんも実際に介護の仕事を見た上で、介護の魅力を見つけてほしいです。業務に追われるよりも、この仕事の魅力は何だろう?ということを考えながら仕事をすると長く続けられると思いますよ!

一日の仕事の流れ
早番の場合

[写真]

7:00 業務開始

ご利用者様の起床介助や食事、排泄の介助を行います。

[写真]

午前中

洗濯や入浴介助、レクリエーションなどを行います。

[写真]

12:00

食事、排泄の介助を行います。

[写真]

午後

ご利用者様の生活が豊かになるよう、レクリエーションなどを行います。

[写真]

16:00 業務終了

スタッフへ引き継ぎを行います。

休日の過ごし方

[写真]休みの日に行ったディズニーランド!!楽しんでいます!!
[写真]友人の結婚式。同期職員と参加しました!!

採用に関するお問い合わせ

社会福祉法人 一期一会福祉会 法人本部

tel 0587-66-2110

先頭に戻る